- REVIEW -


1st.EP 「咲かない花」 をお聴きいただいた

関係者及びアーティストの皆様からコメントを頂きました。


彼は器用。そして変幻自在。この4曲は‥4曲しか。ないのに「俺はどんな音楽でもやれる」って言ってる。勿論今聴いて響くところも多いけれど、私はこの先‥彼の音楽が進化と変化を繰り返していく中で聴き返すものとしても、とても価値ある1枚と思うのです。未来が広がっている音楽は素敵です。


葉山久瑠実


彼の音楽は、一曲一曲が、まるで印象に残る一行が必ず在る短編小説を読む様、と、思ったのが第一印象。音楽に関わる人間に成って、自分の歳の半分の歴が過ぎ、彼の音楽に出逢い、彼の強い想いが込もったこの作品に関われた事は、正に、自分史の名場面。もっと、彼の色んな物語を観ていたいな、と、思います。


カキウチユースケ(天使と悪魔)


時に激しく、時に静かに燃えるような

内なる情熱を感じる素晴らしい作品です。

才能あふれる芝岡君の楽曲に参加できた事を光栄に思います。

この作品が一人でも多くの方々の耳に、心に届きます様に。


渡邊剣太/ハカセ(水、走る)


次世代の異端児 芝岡翔梧

世に放たれる


ハタノタケナオ(天使と悪魔)


僕と同じ21歳なのにこの色気。僕の知ってる21歳の中で一番エロい声。色気はあるけど哀愁はなくて、あるのは若さに対する怒りと一人の寂しさだと思う。独りじゃなくて一人。孤独だと思い込んでしまいがちな僕らは聴いた方がいい。


横山優也(KOTORI)


めっちゃいいじゃんこのアルバム!!特に僕は「だれもいないくに」が好き。初めて聞いた時より歌がだいぶ進化していて、より心に響いてきた。声も曲もいいからみんな買って聞きなさい。


岩瀬賢明(とけた電球)


彼から紡ぎ出される繊細なメロディと独特なエッジの効いた歌声は、一つ耳に入れたら最後、わたしを物語の主人公にしてくれる。電車から見えた夕焼けの帰り道、ひとり眠る夜、眠れずに明けた朝焼けの空、色々な景色と触れる空気が聴く人をドラマの主人公にしてくれるだろう。リリースおめでとう。ハイセンスでとても好きです。


ささきちか


私の夢は好きな音楽家と一緒に売れることなのですが、芝岡さんがその一人です。(そのためには私が認めてもらわないといけないわけですが) 報われてほしい音楽がここにあります。ぜひ、聴いてみてください。


万理音(まりおん)


差し込むのではなく、光が昇るイメージが芝岡翔梧くんの音を聴いて、広がりました。色気ある彼が、音風景の中にも、その色を溶かし始めた瑞々しい作品。薄明かりの夜みたいな歌声の陶酔感に、世間が浸る日はそう遠くないかも。


藤野翔真/the caves


終始芝岡さんのお声が素敵でした。ギターの音色も吸い込まれそうでした。目を閉じ、片手を緩く振ってリズムをとったりしながら色んな景色を勝手に想像しました。深い世界に入ってゆっくりとその場を立ち去っていくような時間感覚でした。視聴後は少し力が入らなくなりました。音源だけでなくライブもとても魅力的な方だと思います。語彙力が無くて全て伝えきれませんが芝岡さんの事を尊敬しております。


REM


どの曲にも波があって、聴きごたえのある1枚。芝岡くんのエロティックな部分、少し若さを感じる部分が鮮明に出てて飽きない。これがまた次の一枚、その次の一枚で誰が聴いても"芝岡翔梧だ!"っていうような"らしさ"が出るともっともっとイイ1枚になるんじゃないかな。と弟の僕は兄に思いました!


TO-YA


いつも眠たそうな芝岡さんからは、想像出来ない歌声が出てきます。ギャップが激しいはずなのに、聴くと自然に入り込めちゃうから不思議なんですよね。咲かない花なんて、本当はないって事を一番理解されている方のCDです。


藤田悠也


甘さや切なさが、直接身体に流れ込んでくるよう。感情を揺さぶられる圧倒的センスに、息を呑んだ。


マカ (aomidoro)


言葉にはされないけれど、音楽性に感じる程よい擦れ感。一体彼は何を今まで経験してきたんだろうって気になるほど、若くしてエロい。男の子に初めてジェラシー感じました。


荒川サリー (aomidoro)


素敵なアルバムでした。色っぽくもあり、情熱的、叙情的な芝岡さんの楽曲達を代表するものができあがったのかなと思いました。


やまざきしょうや (四谷天窓 ブッキングマネージャー)


芝岡翔梧君の事を僕はたぶん3%くらいしか知らないな。だけどなんとなく彼の眼は好きです。間違いでなければよいな。咲かない花はいつか咲くのかな。 


森本真伍 (soratobiwo)


聴いたよ、参っちまったよ。玉置浩二よりいいボーカリストがこの日本にいる訳がないと思っていたが、出会っちまったよ。俺もヤキが回ったってヤツだぜ。あとは岡村靖幸のダンスを手に入れてくれ。そんな日を心待ちにしているぜ。翔梧。


club vijon店長 松藤 光軌